>>
アール

AHR

「赤ワインの楽園」とも呼ばれているこの地方のぶどう畑は、ボンの南でライン河と合流するアール河流域にあります。東部は玄武岩で構成される高地、西部はスレート岩の峡谷が続き、急斜面の雄大なぶどう畑を臨む、バードノイエンタール/アールbヴァイラーといった優雅な温泉保養地があります。
白ワインではリースリングが主要品種ですが、この小さな生産地域は優れた赤ワイン、特にシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)の産地としても知られています。また、シュペートブルグンダーより早熟なフリューブルグンダーという珍しい品種や、赤ワイン品種のポルトギーザーも栽培されています。