>>
フランケン

FRANKEN

フランクフルトの東部、ジグザグに流れるマイン河流域に広がる丘陵地帯がフランケン地域です。
バロック様式の建物やこの地方特有のワインは名高く、ヴュルツブルクは芸術とワインを愛する人々のメッカとなっています。フランケン産のワインは、ボックスボイテルと呼ばれる丸く平たいボトルで知られているだけでなく、地域独自の気候が生み出した辛口でも有名です。冷涼な気候と土壌の特性から、リースリングよりむしろ、早熟品種のリヴァーナーやバフースなどの白ぶどう種が主流です。しかし、この地域でもっとも有名なのは素朴でありながら活力に満ちたシルヴァーナーです。
赤では、シュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)や珍しいドミーナが主に栽培されています。