>>
ザーレウンストルート

SAALE-UNSTRUT

ザーレ・ウンストルート地域は、ドイツ最北端のワイン生産地域で、ワイマールからライプツィヒからもほぼ等距離にあります。森に囲まれた丘陵地帯、ポプラ林、広大な高原が絶景をなす、ザール河とウンストルート河州域の石灰岩土壌の傾斜地に作られたテラス状の畑で、10世紀にわたってぶどうが栽培されてきました。フライブルク、ナウムブルク、バード・ケーゼンがこの辺りの主要な町です。
この小さなワイン生産地は、デリケートでスパイシーなブーケの辛口ワインで知られ、リヴァーナー、ヴァイスブルグンダー(ピノ・ブラン)、シルヴァーナー